2020年1月12日日曜日

★★ お知らせ ★★

いつもご覧頂きありがとうございます。

当ブログは現在不定期更新となっております。
別途、海外生活のブログを綴っておりますので、ぜひそちらをご覧頂きたく。
どうぞ宜しくお願いいたします。以下のリンクです。


正式ブログ名:国境フェチのマニラ駐在日記 改め、セブ隠遁日記
https://borderfeti-manila.blogspot.com/

 

2018年5月31日木曜日

ビザ切れフィリピン国外脱出ー1

フィリピンのビザ(PEZAビザ:47a2)が切れるため一時的に国外脱出です。

情けない話です。ケチらずビザを更新してくれればこんなことにはならないのに。それも期限最終日に脱出すれば大丈夫と思っていたら、前日に出国が必要とのウワサがあり(絶対ガセだと思う)、急遽チケットを探してクアラルンプールまで脱出です。お客様対応もあり出発は深夜、未明の2時にKLIA2へ到着、泊まるところもなく野宿とあいなりました。何年ぶりでしょうか、野宿は久しぶりです。まあ、野宿仲間も結構いたので寂しくはありません。でも寒い!


国内線ターミナルは深夜のため入れない・・・

2017年12月31日日曜日

ミャンマー国境・無念のリタイヤー10

2017年12月31日(日) マニラ

今日はマニラに帰ります。
まあ、ゆっくりできたようなできなかったような。ミャンマー新国境を越えられなかったのは無念です。が、仕方ないですね。

スワンナムプーム空港とドン・ムアン空港を結ぶシャトルバスがたくさんあるのに驚きました。
マニラでは年越しの花火・爆竹が結構にぎやかでした。

シャトルバス時刻表

マニラの年越し花火

2017年12月30日土曜日

ミャンマー国境・無念のリタイヤー9

2017年12月30日(土) バンコク

昼の飛行機でバンコクに戻ります。
アソークの駅の近くに宿を予約していたので、宿に荷物を置いた後、ソイ・カウボーイで昼飲みです。極楽極楽。

でも、アソーク付近の発展には目を見張るものがあります。
最近のソイ・カウボーイの女の子たちは垢抜けているように感じました。昔は田舎から出てきたような娘ばかりでしたが。世の中変わったのですかね。

昼のソイ・カウボーイもおつなものです

2017年12月29日金曜日

ミャンマー国境・無念のリタイヤー8

2017年12月29日(金) ウドンターニー

今日はゆっくり起きて、タイのウドンターニーまで行きます。明日の飛行機でバンコクまで飛ぶ予定です。

ビエンチャンのタラート・サオからウドンターニーのバスターミナルまで国際バスが運行されています。これに乗るととても楽に移動できます。
ウドンターニーでの楽しみは何と言っても、ガイ・ヤーン、ソムタム、カオニャオの3点セットです。
 ガイ・ヤーン: 鳥の丸焼き
 ソムタム:   青パパイヤを主体とした辛いサラダ
 カオニャオ:  もち米(小さなお櫃に入っている。手で丸めて食べる)

馴染みの店の近くで大きな夜市をやってました。

ウドンターニー行き時刻表

夢の3点セット+ビア・シン

ウドンターニーの夜市
 

2017年12月28日木曜日

ミャンマー国境・無念のリタイヤー7

2017年12月28日(木) ビエンチャン

あまり眠れないまま朝を迎えました。
約1時間遅れの13時間でノンカイ到着。ほとんどの人は手前のウドンターニーで降りてしまったのでガラガラです。
さてこれからどうやって国境まで行くのでしょうか?このルートは初めてだったので駅の案内おねえさんに確認。30バーツの乗り合いツクツクで国境まで行ってくれるとのこと。まあ、国境越えればまたどうにかなるでしょ。




国境からの普通のバス。日本からの贈り物らしい・・・

乗り合いツクツクでイミグレの手前まで行き、久し振りのイミグレを通過。いつもはビエンチャンまでの国際バスなので同じバスに乗ればよいだけなのですが、ここではビエンチャンの町までの足が必要です。タクシー300バーツとかアホな呼び込みが煩いのですが、それを振り切って奥まで行くと、普通のバスをめっけ!タラート・サオまで行ってくれました(問題なし)。

タラート・サオからは勝手知ったる道なので歩いて宿探し。気持ちの良さそうな部屋のところに投宿。ただ驚いたことに、ビエンチャンの町は西洋人で溢れかえっていました(ほとんどフランス人らしい。もとの宗主国)。昔からヨーロッパ人が多かったのですが、こんなに多いのは初めてです(バンビエン、シー・パンドンは昔から西洋人だらけでしたが)。
久しぶりにメコン川沿いを散歩できたのは良かったのですが、昔のよき時代の風情が無くなってしまったのがやや残念でした。

久し振りの ビア・ラオ

メコン川堤防の上にできた飲食街

派手なカウントダウンのモニュメント


2017年12月27日水曜日

ミャンマー国境・無念のリタイヤー6

2017年12月27日(水) ノンカイ(車中泊)

朝からどうしようと悩んでいましたが、はたと Lao Beer が飲みたい!と思いつきました。
久しぶりにビエンチャンまでと思い、交通の選択肢は3つ。飛行機、バス、そして鉄道。この中で鉄道はまだ経験していなかったので鉄道で行くことに。
ファランポーン駅まで切符を買いに行くと、3日先まで寝台席は完売(そりゃ年末だもんね)、仕方なくの当日夜行の直角椅子券を買うことに。ノンカイ(ラオスとの国境の町)までたったの238バーツ(約700円)。予定では12時間とのことですが、着くのはいつになることやら。

ファランポーン駅

さすがバンコクの中央駅、結構ちゃんとしてます


お約束の有馬温泉

 夜行で疲れることを見越して、お約束の「有馬温泉」で2時間マッサージを受けてリフレッシュ。その後、ルンピニー公園を散歩。平日の午後なのでとても静かで良い公園でした(中を歩いたのは初めて)。
 やはりこの年で夜行の直角椅子はこたえました。。。


ジョギングする人がたくさん

大きな池もあります

ノンカイ行きの夜行列車

3等車内はこんな感じ